『「大学評価」を評価する』

大学評価学会年報編集委員会編『「大学改革」を評価する』(晃洋書房、2005)

(1)ごく一部の人にしか関係のない「大学評価」に関する専門学会たる、さらにまたごく一部の人にしか関係のない「大学評価学会」の年報。ぼくも「国立大学法人職員」にならなければ、手に取ることもなかっただろう。

(2)学術評価と政策評価は、歴史的にも概念的にも区別して論じられるべきものである、と喝破する蔵原清人「どんな大学評価が大学をのばすのか」を読み、眼からウロコ。どんなものでも読んでみるもんだ。