『多元化する「能力」と日本社会』

本田由紀『多元化する「能力」と日本社会』(NTT出版、2005)
いただきもの。
おすすめ。

(1)新進気鋭の(失礼!)教育社会学者にして、最近はてな界隈ではじけまくっている(失礼!)著者の手になる試論の書。近年の日本では、コミュニケーション能力、創造性、自発性、主体性といった能力を身に付けることが求められるようになりつつある。これら能力を「ポスト近代型能力」と定義し、かつて求められていた「学力」たる「近代型能力」と対比したうえで、この事態が学校、家庭、子ども、大人にもたらしつつある変化を確定し、評価し、対処策を構想する。「『人間力』って言うな!」なる帯の台詞だけで(頂いたぼくが言うのもなんだが)即、買いでしょう。

(2)「近代型能力」から「ポスト近代型能力」への移行(あるいは「メリトクラシー」から「ハイパー・メリトクラシー」への移行)という現状認識は、「ネオリベ批判」とか「ポモ」とか「カルスタ」とか「総動員体制論」とかいったレッテルでくくられる論者たちの指摘を想起させるかもしれない。むしろこの本のオリジナリティは、まず、この移行の実態に接近するべく各種の統計調査を実行し、あるいは利用している点にある。もうひとつ、「ポスト近代型能力」を求めるという、人の心のなかを覗き込むようなうざったい傾向に歯止めをかけるべく、「専門性」に照準した教育を促進するという具体的な処方箋を提示する点も、オリジナルだ。

(3)本田さんは2つの能力を同一次元で対置し、比較し、両者のあいだの移行を語るが、この点には疑問がある。「ポスト近代型能力」は「近代型能力」を身に付けるために必要な能力であり、したがって後者のメタ次元に立つと考えるべきではないだろうか。「ポスト近代型能力」を論じることがはらむ不吉さは、ひとつには、そこから生じる…というのは、最近メタ認知論の教科書を読んだ素人のおもいつきです。はい。