『競争社会をこえて』

アルフィ・コーン『競争社会をこえて』(山本啓他訳、法政大学出版局、1994、原著1992)

(1)アメリカの教育評論家の手になる、競争主義批判の書。

  • 競争は人間性にもとづいている
  • 競争は生産を向上させる
  • 競争は楽しい
  • 競争は人格形成の手段である

という4つの神話を批判し、社会の基本原理を「競争」から「協力」にシフトさせるべきことを説く。

(2)たしかに「私益の最大化」と「競争志向」は、論理的にはイコールではない。でも「協力」だけで世の中うまくゆくとも思えない…ちゃんと使いわけることが必要だということなんだろうか。