『金融工学者フィッシャー・ブラック』

ペリー・メーリング『金融工学者フィッシャー・ブラック』(村井章子訳、日経BP社、2006、原著2005)

(1)「ブラック・ショールズ方程式」で知られるファイナンス理論の大立者フィッシャー・ブラックの伝記。田中秀臣さんが紹介していたので手に取ってみたが、経済学やファイナンス理論がよくわからない人間にとっても面白かった。それにしても、巻末の著者紹介いうところの「金融史、経済史」の専門家が、こんなに面白い伝記を書けるとは…恐るべし。