『結婚の条件』

小倉千加子『結婚の条件』(朝日新聞社、2003)

(1)仙台市男女参画参画推進センター「エル・ソーラ」開館3周年記念・小倉千加子講演会「結婚の条件」を聞きにゆくため、久しぶりにこの本を開ける。

(2)本の話は措いておき、ぼくは『松田聖子論』以来の小倉ファンなのだが、今回の講演は、笑いと警句をちりばめつつ

  • ここ数年で日本、さらには世界の結婚・出産事情が大きく変わってきた
  • 氷川きよしは「主婦」である

といった興味深い論点が提示されるという、とても盛り沢山なものだった。ただし、もっとも示唆的だったのは、終了後に楽屋に押しかけたときに伺った

  • 日本における若者の結婚観の変化の背景には、戦後社会の歴史的変化の経緯&構造的な特徴と、そしてなによりも最近の経済状態がある

というお話だった。うーむ、やはり経済なのである。