『かんきょう読み聞かせ』

石垣政裕『かんきょう読み聞かせ』(みやぎ・環境とくらしネットワーク、2006)
いただきもの。

(1)職場の同僚にして、ネットワークの専門家でもあり、劇作家・劇団主宰でもあり、まちづくり運動の担い手でもある石垣さんが編んだ、読み聞かせ用ブックリスト。小さな娘がいる身にとっては、とてもありがたい。紹介されている本のうち何冊かは、すでに注文済み。

(2)冒頭には序文として「かんきょうを〈よみきかせる〉ということ」が置かれているが、そこで展開されている「環境問題のドラマツルギー」という概念が面白い。環境がいかに語られてきたか/いかに語りうるか/いかに語ればよいか、ぼくらもチェックするべきなんだろう、きっと。