Fifty Major Economists (3)

Steven Pressman, Fifty Major Economists (second edition, London : Routledge, 2006, first edition, 1999)

(1)ここのところ『50人の主要経済学者』お勉強ノートと化しているのは、ご愛嬌。同書就寝前読書は、昨晩はヴェブレン、フィッシャー、ピグー。役に立ったのはフィッシャーの項で、フィッシャーの交換方程式「M(貨幣供給)・V(貨幣流通速度)=P(価格)・Q(実物産出量)」について

フィッシャーにとって、Mの変化は価格と実物産出量の双方に影響をあたえうるものだった。これに対して現在の貨幣経済学者はフィッシャーよりもフリードマンの所説を採用し、貨幣供給の変化は長期的には価格のみに影響をあたえると主張するのが常である(141-2頁)

と説明されているのは、なるほど。