Why France?

Laura Lee Downs and Stephane Gerson, eds., Why France? (Ithaca : Cornell University Press, 2007)

(1)アメリカ・フランス史学会(French historical Society)設立50周年企画。ロバート・パクストン(『ヴィシー時代のフランス』)、リン・ハント(『フランス革命の政治文化』)、ヘルマン・ルボヴィクス、スティーヴン・カプラン、ガブリエル・シュピーゲルをはじめとする、16人の当代きってのアメリカ(およびカナダ)人フランス史学者たちが、「なぜフランスなんですか?」という問いに答えるべくみずからのフランス経験を回顧したエッセーが並ぶ。

(2)7月に日仏会館で開催予定のシンポジウムonフランス語教育のパネリストを依頼されているので、良い刺激になった…話題提供に利用できそうだし。それにしても、なぜフランスなんだろう?