『テイラーのコミュニタリアニズム』

中野剛充『テイラーコミュニタリアニズム』(勁草書房、2007)
いただきもの(徳田さん、またしてもサンクス)。

(1)カナダの政治哲学者チャールズ・テイラーの思想の全容を分析的に解明しようと試みる書。二日酔いでほとんど動かない頭をかかえつつ、フンボルトからテイラーに受け継がれる「言語共同体」というアイディアをコミュニケーション論的に再構築するにはどうすればよいか……なんてことを考える。