『沖縄密約』

西山太吉『沖縄密約』(岩波書店岩波新書、2007)
おすすめ。

(1)「沖縄密約/情報漏洩」事件の渦中にいた元新聞記者の手になる沖縄返還交渉史&日米安全保障体制史の書。事件から今日に至る(おもにアメリカにおける)情報公開を受けて、いわゆる「沖縄密約」とは何だったか、その背後にはいかなるメカニズムがあったか、それが「情報漏洩」にすりかえられてゆくプロセスはいかなるものだったか、それは今日いかなる意味を持っているか、といった点が、丁寧に論じられる。

(2)安全保障とはぼくらにとって身近な問題なのだということを知るためにも、必読。