『数学ガール』など

結城浩数学ガール』(ソフトバンク・パブリッシング、2007)

その他、柏端達也『自己欺瞞と自己犠牲』(勁草書房、2007)とかベンハビブ『他者の権利』(法政大学出版局、2007)とか、読んではいるのだが、さっぱり頭に入らない梅雨寒の仙台である。

あっ、でも、『数学ガール』は面白かった。