『国際開発論』

斉藤文彦『国際開発論』(日本評論社、2005)

(1)先日の学部ゼミで、冬学期のテーマは「ブラジルのバイオマスみたいなケースを考えてみたい」になった。いきなり具体的な話を勉強しても仕方ないので、まずは理論的なところから攻めてゆきたいのだが、経済学の領域についていえば、これはたぶん環境経済学開発経済学と農業経済学が交錯する領域に属している。さて、あまり難しくなくて、無味乾燥なテクストブック調でなくて、でもおのおのの学問領域が一望できるような本はないものか。このうち農業経済学については、なかったことにしよう。環境経済学については、小島寛之『エコロジストのための経済学』(東洋経済新報社)でキマリ。問題は開発経済学だ。なにせ絵所秀紀『開発の政治経済学』(日本評論社)も峯陽一『現代アフリカと開発経済学』(日本評論社)も品切れなのである。

だれか、名案はありませんか?

(2)などと他力本願なのは情けないので、めぼしいものを読みはじめた。斉藤さんの本は、「開発経済学」ではなく、社会開発その他も含んだ「開発学」のテクストブック。目配りは良いしカバレッジも広い。