『突破する人びと』

稗田和博『突破する人びと』(大月書店、2007)
おすすめ。

(1)雑誌『ビッグ・イシュー』日本版をたちあげた人びとのルポルタージュ。思い立ってから1年で創刊にこぎつけてしまうバイタリティと、ホームレス支援を企画するにも「儲かりまっか?」精神を忘れないしたたかさに、感服。『ビッグ・イシュー』イギリス版の創刊者のひとりたるゴードン・ロディック(ザ・ボディ・ショップ会長)のセリフ「誰がチャリティーをしろと言った? ビジネスだ」(36頁)が、かっこいい。

(2)でも『ビッグ・イシュー』日本版は年1000万円程度の赤字が続いている。仙台でも売ってるので、僕も見かけたら買うようにしている(記事が面白いし)が、このさき独り立ちするにはなにが必要なんだろうか?