『英文法の論理』

斉藤兆史『英文法の論理』(日本放送出版協会NHKブックス、2007)

(1)シャープな本が多いことで知られるNHKブックスから英文法の本が出る!!、それもロマン・ヤコブソンの所説を援用しているらしい!!、ということで、期待して読みはじめたところ、要するに「文法をまじめに勉強することが大事です」という《妥当な》メッセージを発信する本だった……はい、わかりました。

さて、これから札幌出張であるが、台風が近づいているらしい。仙台に戻る明後日の台風の位置が楽しみだ。それにしても、2004年に札幌に行ったときには、やはり帰りの飛行機が台風をかすめ、けっこう揺れた。2005年に札幌に行ったときは、滞在中に台風に直撃され、石狩川の大増水を目撃した。そして今回……札幌と相性が悪いんだろうか、ぼくは?