『国家の罠』

佐藤優国家の罠』(新潮社・新潮文庫、2007、初出2005)
おすすめ。

(1)いわずと知れた「外務省のラスプーチン」佐藤さんの回想録。佐藤さんの本はこれまでどういうわけか遠慮していたが、文庫化されたのを期に一読。内容も驚かされることばかりだし、登場人物はほとんどすべて実名だし、
面白すぎる!!
と、食わず嫌いを反省した文化の日