暴力論』下巻

ジョルジュ・ソレル『暴力論』下巻(今村仁司塚原史訳、岩波書店岩波文庫、2007、原著1908)

(1)ひきつづき下巻を読了。ぼくらはこの本に、プロレタリアート(労働者、あるいは生産者)に対するソレルの呼びかけを聞きとらなければならない。そう、


そのままでいいがな((c)相田みつを


という、彼の心の叫びを……しかし、革命的サンディカリスムが、かくのごとき癒しの思想であってよいのか? ソレルも引いている革命的サンディカリスムの指導的活動家フェルナン・ペルーティエの、自己反省的省察を含んだ峻厳な所説と比較されたい。

(2)それはともあれ、下巻所収の「解説」(今村仁司)はじつにインフォマティヴで、含蓄があり、有益だった。グッジョブ、今村さん。