『昭和十年代の陸軍と政治』

筒井清忠『昭和十年代の陸軍と政治』(岩波書店、2007)

(1)第二次世界大戦への道をおしすすめたという「軍部大臣現役武官制」のイメージを再検討し、

  • そんな制度があろうがなかろうが、組閣の可否は軍部(とりわけ陸軍)と政治家と天皇の力関係で決まった

といミもフタもない事実を明らかにする一冊。