『疾病と世界史』下巻

ウィリアム・マクニール『疫病と世界史』下巻(上下巻、佐々木昭夫訳、中央公論新社・中公文庫、2007、原著1976)

(1)「くわしくは下巻読了後」……などと空手形を切ったが、ドタバタしていて「くわしく」かく時間がない。それでも、人間がうみだす資源に対する「ミクロ寄生」と「マクロ寄生」のあり方と相互作用に着目して歴史を描きだすというのは、さすがマクニール、あいかわらず豪腕である。