フランス出張1日目

8月17日

今日から3週間、科学研究費による調査のため、レンヌ(フランス)に滞在することになった。フランス滞在の小ネタというか、ちょっとしたノウハウを語りたいということもあり、ブログを一時的に復活することにした。

いきなり出発からして不吉である。朝6時の仙台が霧雨だったのはまだ良いとして、仙台・成田便(全日空)が、ぼくの経験ではじめてのボンバルディア。ポンバルディアといえば、故障連発で知られるターボプロップ機、初手からして「うーむ」である……が、もちろん無事に成田に着いた。成田・パリ便(全日空)の機内では、成田で購入した瀬名秀明パラサイト・イヴ』を(はじめて)読んで時間をつぶしたが、こわかった。

シャルル・ドゴール空港は、地下にTGVがとまるようになり、地方に直接入るものにとっては本当に便利になった。16時30分に着陸(時差7時間)し、18時26分発のTGVに乗り、21時25分にはレンヌ駅に降りたち、メトロに乗りついで22時前に宿泊先のレジダンスに到着。23時間という長旅ではあるが、とにかく「その日のうちに」仙台からレンヌに着くというのは、まことに慶賀すべきことである。

今日の教訓:飛行機のなかでホラー小説を読むものではない。