フランス滞在5日目

8月21日
今回は3週間移動しないというということもあり、キッチン付の部屋を借りた。レンヌの中心街の北の外れ、メトロSaint Anneから徒歩5分、ADIVまではドアトゥドアで30分というところか。ちなみに旧ADIVだったら歩いて10分だったんだけどなあ。

そんなわけで、ほぼ毎日ちかくのHoche広場にある小さなスーパーマーケットに通い、あれこれ買っては部屋で夕食を作って食べている。もちろん朝食も作っている。

スーパーで買い物をしていて感じるのが、まずはともあれ「物価高」。フランスはインフレ基調だし、ユーロも上がってきたので、体感物価は(ぼくの体感なので当てにならないが)日本より高い。これまでも、外食は明らかに日本より高いし、国鉄をはじめとする交通費も日本とかわらなくなったという感じだったが、今回は、スーパーで買う食品など日用雑貨も日本と同じか高いという感じがしている。でもまだビールは安いからいいか、うん。

ちなみにぼくが通っているスーパーは本当に小さいスーパーだが、よくみると、キッコーマンの醤油(は世界共通ブランドなので当然だとして)のほか、日清のカップヌードルや、さらにはインスタント味噌汁まで置いてある。レンヌにはBel Asieという巨大なアジア食材スーパーがあり、そこにいけば大抵のものは買えるのだが、こんな街中の小さなスーパーで……と、おもわずわけもなく感動してしまった。

今日の教訓:安くあげるためには、飲むべし(?)。