フランス滞在8日目

8月24日(日)
ウェブでチェックすると、日本は猛暑あり酷寒あり雷雨ありのメチャクチャな天気らしいが、ここレンヌは今日も涼しくてすごしやすい……のは良いのだが、一日中シャワーが降り注ぐ日曜日となった。午前中は一週間分の洗濯をやっつけ、午後は意を決して(大げさ)Les Champs Libresに出かけて特別展「アーサー王」を見てきた。
レンヌ駅をメインの北口に出て、斜め左のほうに細い道を入っていくと、かつては寂れたバスターミナルがあった。それがちよっと前に駅の右横に移り、跡地に出来上がったのが、図書館と博物館と科学館をおさめる6階建ての建物Les Champs Libresである。ホームページの写真を見てもらえばわかるとおり、地震大国の日本だったら絶対に許されないような、フザケたというか奇妙奇天烈というか独創的というかなんというか……うーむ、なかなか表現できないが、とにかくインパクトの強いフォルムを与えられているところが、いかにも「デザイン第1、実用性第2」のフランスである。
さて、その特別展「アーサー王」は、ただひたすらに勉強になった。アーサー王伝説の舞台がブリテン島だけでなくブルターニュ地方を含む「ブルターニュ」だったとは、知らなかった。この辺が、学と教養のなさである。

今日の教訓:もうちょっと本を読みましょう。