フランス滞在20日目

9月5日(金)
ADIVは土日は閉館なので、今日が最後の仕事日。そんなわけで、勇んで朝起きたら……嵐だった。こちらの嵐は、雨の量は少ないのだが、風が横殴りに吹くので、けっこうぬれる。ところが、こっちの連中といったら結構傘もささずにぬれねずみで歩くんだよなあ。この辺が、まぁ「感覚の違い」というんでしょうか。
とにかく、例によって8時30分から17時15分の閉館時間までパシャパシャと写真を撮り、今回の仕事は終了。まだかなり見るべき=撮影するべき資料が残っているが、これは来春のお楽しみということになる。それでも実働(週5日×3週間−ウィルス性胃腸炎でベッドに伏せていた一日=)14日で撮影枚数7000枚強ということは、一日500枚写したということになるから、われながら天晴れな写真家ぶりというべけんや。東洋人があまり来ないADIVだけに、帰りには「サヨナラ」のご挨拶つきで送り出され、外に出たら、西の空にようやく青空が広がっていた。
さて、明日は帰国準備である。
今日の教訓:時間がたてば、嵐もすぎる。