ディジョン滞在10日目

8月5日(木)

日本各地から、ファンタスティックな猛暑が続いているという悲鳴が、はるかディジョンにまで殺到している。そんな皆さまの暑き/熱き心を逆なでするような話であるが、今日のディジョンは快晴にして最高気温20度!! すでに気分はほとんど「風立ちぬ、いまは秋」(古っ)である。


それにしても、せっかくワインの名産地の中心にいながら、資料を開けることに気をとられて、ろくなワインを飲んでいないあたりがなさけない。ちなみに、

  • いくら最高気温20度とはいっても一応「夏」なので、赤を開ける気には、積極的にはなれない。
  • 白という選択肢もあるが、美味しい白はやはり高価である。

というわけで、気分はロゼかペティヤン(発砲ワイン)ということになる。
で、ぼくが愛用しているのは「Kriter」というブルゴーニュ産の発砲ワイン。ブルゴーニュ産のくせに「クレマン・ド・ブルゴーニュ」という表示がされていないあたりがちょいとアヤシイが、味に問題はないし、とにもかくにも便利である。何が便利かといって、

  • どこのスーパーでも売っている。
  • クオーターボトル(200cc)があり、これだとひとりでも一回で飲み切れる。
  • クオーターボトル3本セットで5ユーロ強(600円)と、お財布にやさしい。

あたりだろうか。
そんなわけで、ぼくの部屋の冷蔵庫は、このKriterクオーターボトルと、ADCOに持参するバドワ500ccボトルと、ペリエのカネット(350cc缶)でうまっているのだった。