ディジョン滞在27日目

8月23日(月)
【8月26日記】
ADHは9時開館ということで、9時ちょっと前に着いたら、だれもいなかった。再開館日初日だし、今日は月曜日なので事前予約した資料以外は閲覧できないし、というわけで、結局一日で閲覧者はぼくを入れて3人だけだった。ADHはトラム1号線のルイ・ブラン駅から歩いて5分ぐらい。飲み物の自動販売機と無料冷水器があり、ありがたい。そんなわけで、人が少ないので冷房が効きすぎて寒い閲覧室でインベントリーをチェックする……のだが、職員さんに話を聞いたら、つい先日インベントリーのオンライン化が完了し、インターネットでインベントリーをチェックできるようになった!!、とのこと。これはすばらしい。研究者にとってはなによりの朗報である……が、わざわざディジョンから3時間以上かけてやってきたワタクシの立場はどうなるのか、と頭を抱えたひと時だった。もっとも、ネット上のインベントリーはPDFファイルなので、閲覧に時間がかかる。やっぱり紙版が一番。
さて、昼食はどうしようか。ルイ・ブラン駅は旧市街の入口にあるので、とりあえず旧市街に入る。入ると大学通(rue de l'Universite)だが、すぐ左にケバブ屋があったので飛び込み、サンドイッチを注文。これが成功&失敗。

  • 成功:なんとパンが、注文ごとにいちいち生地からタンドーリで焼いてくれるチーズナンで、美味しい。
  • 失敗:食べ終わって代金を払うときにメニュー表をみたら、なんとクスクスがある!! しかも肉やソーセージ(メルゲズ)をつけて7ユーロと安い。

次回からは絶対クスクスにするぞと決心しつつ、これでADHでしごとするときの昼食は決定である。


そんなこんなでドタバタと16時まで仕事をし、トラムでゴトゴトと宿に戻る。