モンペリエ滞在2日目

8月24日(水)
例によって(トシとともに長引くようになった)時差ボケと極度の肩コリに悩まされながら、歩いて9時にADHにゆく。さすがに今日は通常営業。

しかし半年ぶりなので、なんというか、資料のハンドリング感覚をすっかり失っていることに気づく。ハンドリング感覚というのは、たとえば「これは大切そうだから、とりあえず写真撮っておくか」とか「これはムシ、ムシしてオッケー」とか「そろそろ昼で職員さんが減って資料請求ができなくなるから、ちょっとスピードを上げよう」とかいった、いわく言いがたい身体感覚のことである。これはとても大切なので、はやく取り戻したいものだ。

ADHの長所のひとつとして、閲覧室に冷房が入っていることがある。昼食をとって汗まみれで戻ってくると、ホントにホッとする・・・が、そんなこんなで今日は17箱やっつけて17時、もう1時間しごとが出来るのだが、ここでギブアップ。このペースだと、今回で関連資料をすべて見終わるにはギリギリという感じだろうか。「次」はしばらくありそうもないので、なんとしても今回で終わらせなきゃならないのだが、さて。