祝卒業

27日は勤務先の卒業式。午前中が全学の卒業式、午後が学部の祝賀パーティ、夕方から学部ゼミの追いコンである。今年は、全学の卒業式の「実施本部長代理」というステキな役にあたってしまった。「本部室にすわってじっとしておれ」という指示だったのだが、それじゃツマランので、入口受付にたち、入場する卒業生諸君・保護者諸氏に愛想を振りまいてご挨拶・・・していたら「実施本部長代理行方不明、すわご乱心か?」ということになっていて、事務の人が困っていたらしい(のはご愛嬌)。
挨拶で疲れたので祝賀パーティはパスし、万全の体調(?)でゼミの追いコンに臨む。今年の卒業生は4人。どういうわけか時期的に苦戦した(最後に決まったのは去年12月!!)が、最終的には全員がほぼ第一志望先(三菱重工富国生命スカイマーク信州大学職員)に決まった。ホントにラッキーである。2、3年生も含め、みんなで大笑いし(すぎ)ながら、会場予約時間を1時間もオーバーして終了。
さて卒業生諸君、これからが本番である。もちろん社会人生活は大変だろうが、しかし、いまから悩むことはない(と、社会人生活らしきものをしたことがないぼくが言うのは、これはちょっとエラそうかな)。


未来は諸君のものだ。The future is yours.


大震災があろうが原発事故があろうが、なんだろうがかんだろうが、とにかく未来は(もうしばらくは、だけど)存在するのである。トライして失敗しても、トライしないよりはいい(No try, no chance)。そのうえで、どうしようもなくなったら、そのときは
You are always welcome to Kawauchi-Minami campus!!