ハッキングするヒマがあったら、働かんね。

数日前、東北大学病院ホームページのトップページが書きかえられるという事件があった。本学の公式発表によると

 9月15日未明、本学大学病院のホームページのトップ画面が、外部から不正に書き換えられるという事態が発生しました。大学病院では事態判明後すぐにサーバーを停止し、原因を調査しております。調査が完了するまで大学病院のホームページは暫定ページでの運用となり、皆様には大変ご不便をおかけしますが、なにとぞご容赦くださいますようお願い申し上げます。

とのことである。


偶然16日に気づき、なにがおきたのかと思っていたら、今日の『読売新聞』に

日本の公的機関や企業のウェブサイトがサイバー攻撃を受けている問題で、新たに東北大学病院など約20サイトが改ざんされていることが分かった(……)。東北大学病院のサイトの場合、中国国旗の画像が貼り付けられ、中国語と英語で「尖閣諸島は中国の領土」という内容の書き込みがあった。

という記事が出た。尖閣諸島をめぐるイザコザのドサクサにまぎれた仕業だろう。


ハッキングなんぞするヒマがあったら働かんね、このバカモンが。地下の魯迅先生も、母校を傷つけられて怒っとろーがや。