Wish you a happy new year 2013 !!

ここのところどうにも調子が悪く、とうとう先日医者に行ったら、わずか1分たらずで前立腺炎と診断された。さすがは名医・金藤(かねとう)先生である。直腸診で前立腺を押されて「いたたたたーっ」と叫んだら「正常であれば痛くありません」と返されて、it's over也。肥大はしていないとのことで、それが唯一の慰めとなった。12月に入って寒いところ(ソウル、札幌、そして先週のウソみたいに寒かった東京)を走りまわっていたのがマズかったらしい。
そんなトホホな年末となったが、せっかくなので1年前をふりかえってみると、まだ震災の余燼消えやらぬ雰囲気が漂っていたことを思い出す。それが今では・・・「なにごとも忘れなかった」フランス極端王党派を見習うべし(違うか)。
ついでにぼくの一年を顧みると、ひたすら資料を読む毎日だった。そんなわけでアウトプットはほぼゼロだったが、どうにか資料を読みおえたし、これはやむをえんだろう。新しい知見としては、12月にソウルに出かけ、「アジアにおける西洋史研究」という視点について考えさせられたことだろうか。これはホントに「小山さん、サンクス」である。
来年は、久々にアウトプットを出さなければならないほか、4月から東京で非常勤が始まる(らしい)。非常勤の詳しい勤務内容については本人もよくわかっていないのでここにも書けないのだが、とにかく上京の機会が増えることになる。体を冷やさんようにしないと、ホントに。

Anyway, I wish you a happy new year 2013.