ステマ

日経ビジネスアソシエ』2月号の第一特集「今、知るべき教養」に「歴史――細かな史実より、《新しい視点》を」と題する取材記事が、堂々オールカラー5頁&髪の薄さが目立つ顔写真(上記リンク先では下から2段目の右端)付きで掲載。3時間を超える駄話を見事にまとめてくださった記者の小野さん、Many thanks !!
ちなみに、記事のなかで紹介されている作品は、ほとんどが小田中セレクション(なんだそれ?)。「歴史に親しむ第一歩としては、なにがあるでしょうか。たとえば映画だと……」という質問に対して「やっぱり《レ・ミズ》と《ベルばら》と《平清盛》と《BTTF》でしょう!」と熱く答え、ちょっとひかれた(ものの、全部載せてもらった)のは、ここだけのヒミツだ・・・けど、そもそも『レ・ミズ』(ミュージカル)と『ベルばら』(漫画)と『平清盛』(大河ドラマ)って映画じゃないじゃん。


そんなこんなで税込み680円、ひとつよろしく(って、ぼくは一銭も手に入らないけど)。