演歌に出てきそうな鄙びた駅(==>)。
これがさる県庁所在地のメインステーションだとは、だれも想像できまい。フランスの鉄道駅には付き物のカフェもなく、それどころか売店すらないというのは、これは想定外だった。さすがはフランス本土(France metropolitaine)の県庁所在地で最後に鉄道が通ったというステキな記録の保持者(?)である。


ちなみに県庁所在地の人口が12000人というのは、これはいかがなものだろうか。