梅雨、続く。

空梅雨かと思われていた今年の仙台の梅雨、ここのところ梅雨らしくなり、それとともに、梅雨明けがいつになるか「?」状態と化してきた。そんななか、あいかわらず戦後モンペリエ都市史に関連する研究文献を読みふける毎日をすごしている。

昨年末に、このテーマに関する研究成果の第一弾としてプティ・バール団地(Petit Bard)に関する論文を刊行したので、次はラ・ペルゴラ団地(La Pergola)を分析し、両者を比較してみようと思っていた。両者は道を一本隔てたところにあり、

アルジェリアからの引揚者を受入れるため、1960年代に集合住宅として建設された。

・ドラッグや貧困や青少年軽犯罪など、いわゆる「都市問題」の舞台となった。

という共通点と、

・前者は民間分譲団地だが、後者は公営(県営)賃貸団地である。

・都市問題の程度は、前者が圧倒的に重い。

・前者は2000年代まで放置されていたのに、後者は1990年代はじめに大規模改修の対象となった。

という相違点を持つ。こんな異同を持つ両者ゆえ、きっと比較したら面白いだろうと考えたのである。

それじゃ、どこでどんなかたちで発表しようか……と考えていたときに目に留まったのが、次の「ヨーロッパ社会科学&歴史学会(European Social Science History Congress、ESSHC)」が2018年4月にベルファストで開催されるというニュース。ベルファストか!!、こんな機会じゃなきゃ訪問しないよなあ、と思い、アブストつくってアプライしたのだが、先日チェックしたら、どうも却下されてしまったらしい。

 

 

遥かなり、ベルファスト

 

 

でも、せっかくあーだこーだと考えてアブストつくったのに、このままではもったいない。どうにか使いまわす方法はないものか……と不届きなことを考えていたときに再度目に留まったのが、次の「国際都市史学会(International Congress of Urbain History)」が2018年8月にローマで開催されるというニュース。うーむ、なんとかリサイクルできないものか……と頭をひねるのだが、なかなか名案が思いうかばない日々。

 

 

やはり梅雨である。