伝統の創造。

モンペリエに来て、早くも第一週目が終わった。来週の今頃は、帰国のためCDGに向かっている最中ということになる。二週間というのは、やはり短い。

さいわい、日本を出るときは台風一過、しかも、なぜか一時間以上も前にCDGに到着するという空前の事態となり、ぶじに当日(月曜日)中にモンペリエに到着できた。翌日(火曜日)にエロー県文書館に行ったら、ちゃんと資料が準備されていた。さらに水曜日に閲覧室にカメラを忘れ、青ざめたが、翌日(木曜日)いったらちゃんと受付に届いていた。うーむ、ここはほんとにフランスなのだろうか。

今日(土曜日)は、近くの港町セト(Sete)で第4回「ティエル祭」が開催されるということで、出かけてきた。ティエル(tielle)というのは、以前も紹介したと思うが、タコのトマトソース煮をパイで包んだセト特産の料理である。レシピからわかるとおり、これはどう見ても南イタリアあたりのノリだが、実際、19世紀末にイタリア人移民が持ち込んだといわれている。

会場のアリスティド・ブリアン広場に行ったら、1枚2ユーロでチケットを買い、それでティエルや飲み物を購入するというシステムになっていた。なにを血迷ったか自分でもわからないのだが、10枚もチケットを買ってしまい、処分に困った。ティエルは結構腹にたまるので、何個も食べるものではないし、ワインを頼んだら、チケット1枚で250cc、プラコップになみなみ注がれたものがやってきた。あれやこれや飲み食いして6枚は使ったのだが、結局4枚余ってしまい、困っていたら、テイクアウトできるということで、4つ持ってモンペリエに戻ってきた。

それにしてもこの時期の南仏は、地中海性気候ということなのか、一日の温度差が激しい。朝は10度以下まで冷え込み、午後は25度まで上がる。ぼくは「ま、大したことはないだろう」と思って半袖の綿シャツしかもってこなかったのだが、あまりの寒さに耐えかね、到着翌日(火曜日)に速攻でジャンパーを買ったのであった。

それにしてもセトの「ティエル祭」、まだ第4回ということで、ささやかな規模ではあったが、かの「伝統の創造」を目の当たりにする一幕となった。