アーカイヴァル・ワークとはなにか(6・完)。

【2月17日追記】

Merci Montpellier, a la prochaine fois......s'il y en aura (peut-etre pas, au moins  dans l'avenir prochain).

【本文】

そんなこんなで、エロー県文書館における2週間のアーカイヴァル・ワークが終わった。115箱をチェックし、約12000枚の写真を撮った。実働8日で12000枚ということは、一日平均1500枚である。いやぁ疲れた。こんな自分をほめてあげたいと思います。

2496W「エロー県公共低廉住宅公社理事会会議関連資料」をチェックしているうちは、わりとゆとりがあった。ところが、2497W「同公社、予決算書類」に入ると、膨大な資料に圧倒され、期間内に終わるか否か「?」となって、精神的にも肉体的に追い込まれれた。

当地に来る前は「予決算書類」って何よ、と思っていたのだが、実際に箱をみてみると、これが長大な予算書と長大な決算報告書なのであった。それも、1968年から2006年までは、ほぼ完全にそろっているという、喜ぶか悲しむべきか「?」な状態ときている。これを撮影するというのだから、気が遠くなりそうになる。なにせ、終わらなかったら、またモンペリエに来なければならない破目になる。それも、週4日しか開いていない県文書館……宿からトラムで45分もかかる県文書館……ぜひご遠慮したい事態である。

ダメ、ゼッタイ。

そんなわけで、飲むものも飲まず、食べるものも食べす、トイレにもゆかず、ひたすら撮影。その甲斐あって、どうにか終わった。「安堵」のひとことである。これで、とりあえず「安心立命」の心境で帰国できる。

アーカイヴァル・ワークとは、かくのごとく、なにが生じるかわからないサバイバルの世界なのだよ、ワトソン君。

しかし、ホントのしごと(資料の分析、ペーパーの執筆、など)は帰国してから始まるのだが、うむ。