空を飛ぶ。

【10月25日追記】

昨日ぐらいから、ようやくクシャミができるようになった。怪我した直後は、クシャミをすると痛みが脳天までつきぬけるため、ひたすら鼻を押さえていたのだった。

【本文】

9月末の金曜日。

いつもどおり徒歩で職場に行ってしばらく仕事をしているうちに、自宅に忘れ物をしてきたことに気付いた。職場にはキャンパス間移動用の自転車がおいてあるので、ちょっと戻って取ってこようかと思ったのが運のつき。

自宅までは自転車で15分ほどなので、あっさり着き、忘れ物をピックアップし、職場にUターン……する途中の自宅近くの下り坂で、なにを考えたのか、左手を離して片手走行をしたところ、ハンドルのバランスが崩れて(右手の力だけがかかったので)左を向いてしまった。ここで当然ながら慣性の法則が働き、体は空を飛び、半回転して、右肩・右背中・右手・右顔から着地。

あわてて自宅に戻り、家族の力を借りて近所の整形外科に行ってレントゲンを撮る。骨折などはなく「全治三週間の打撲」というご託宣。もっとも手も顔も、擦り傷と切り傷で絶賛「絆創膏&ガーゼ祭り」である。ちなみに右肩と右背中が一番痛いので、右手が上がらない。

午後から大学近くの高等学校で模擬授業が予定されていたのでちょっと不安だったが、アドレナリンが出ているときはすごいもので、左手で字や図を書きながら、どうにかやっつけてしまった。もっとも、参加した生徒諸君は、いきなり顔中絆創膏とガーゼ三昧の「大学教授」が出てきて、さぞかし驚いたことだろう。

模擬授業終了後はそのまま東京に出稼ぎを予定していたのだが、さすがにこれはムリ、ということで、自宅に戻って布団にもぐってひと眠り。数時間して目覚めると、全身が痛くて起き上がれない……というか、寝返りもきつい。ようするにアドレナリンが切れたのである。

そののち四日間布団のなかで過ごし、新学期を迎えた今日この頃、皆さまにはいかがお過ごしでしょうか。ワタクシは、いまだに右肩と右背中の打撲部が痛く、空を飛ぶもんじゃないことを実感している初秋である。

やはり空を飛ぶのはETに任せたい。